ここでは、スバルの新型フォレスターの値引き相場や値引き限度額・値引き目標額について紹介していきたいと思います。

【スバル・新型フォレスター】グレード&価格一覧

Touring  2,808,000円 2.5LDOHC直噴 リニアトロニックAWD(常時全輪駆動)
Premium 3,024,000円 2.5LDOHC直噴 リニアトロニックAWD(常時全輪駆動)
X-BREAK 2,916,000円 2.5LDOHC直噴 リニアトロニックAWD(常時全輪駆動)
Advance 3,099,600円 2.5LDOHC直噴+モーター(e-BOXER) リニアトロニックAWD(常時全輪駆動)

金額的には前期型の基本モデルでもある「2.0i」と比べると、今夏の基本モデルでもあるTouringでは70万円ほど高くなっています。

これは、基本性能であったり、技術力がアップしていますのでより快適な運転をすることができる車になったからだと考えられます。

また、上級グレードのAdvanceを比較すると、今回のフォレスターのほうが若干金額的は安くなっていますのでお買い得になっています。

今までフォレスターに興味があって購入を検討している方はもちろん、今現在フォレスターに乗っている方であっても買い替えの検討車に入れてみても良いかもしれません。

【スバル・新型フォレスター】の値引き相場

2018年6月20日についにスバルから新型フォレスターが満を持して公式発表されました。

販売開始に関しては、2.5Lのガソリンエンジンモデルは7月19日、マイルドハイブリッド搭載モデルに関しては9月14日から販売開始されるようです。

新型モデル登場の発表に胸を踊らせた方であったり、販売開始を心待ちにされている方は多いのではないでしょうか。

しかし車を購入するとなると、例え自分が気に入っていて欲しいと思っている車であってもなるべくなら安く購入したいと思っている方も多いはずです。

新型フォレスターの値引きは「車両価格からは10万円+オプション関連の値引き」が相場になっているようです。

しかし、これはあくまで相場の値引き価格ですので、中にはこの金額よりも得した方もいるはずです。

ディーラーや販売店や店舗のノルマや目標数値もあるかもしれませんし、担当になってくれた営業マンとの交渉の仕方などによって値引き価格も上下するのかもしれません。

【スバル・新型フォレスター】の値引き限度額

そんな中、ネット上の口コミであったり、情報を確認していると中には値引きを20万円以上してもらって購入した方もいるようです。

ですので、フォレスターの値引き限度額は「20万円前後」と考えておいたほうがいいかもしれません。

しかし、値引き額を多くしてもらうためにも、3月や9月などの決算期など販売店が売上を多くあげたいなどの時期的な問題もありますし、オプション値引きを行うとしても、購入する際に気に入ったオプションであれば問題無いかもしれませんが、多くつけるほどおまけとして値引きしてくれる確率も高くなったりします。

【スバル・新型フォレスター】の値引き目標

限度額は20万と言いましたが、ずばり新型フォレスターの値引き目標額は16万円あたりを設定して考えて交渉してみると良いでしょう。

他にも、例えば
・198万円(イチキュッパ)などキリの良い数字にしましょう!
・この金額まで下げて貰えたら即決します!
・ガソリンを満タンの状態で納車してもらう
・ガラスコーティングをサービスしてもらう
・オプションの取付工賃をサービスしてもらう

などすることで、こちらから提示する金額は基本的に目標の金額よりも高い金額でもいいですが、最終的には、それに近い金額の値引きを行ってくれて目標額よりも多く値引きを行ってくれることもあったりします。

また、値引きだけではなくオプションであったり、他の部分で金額がかかってしまう部分をカバーしてもらうことで結果的にはお得に購入することにつながります。

【スバル・新型フォレスター】スバルは値引きに厳しい?

知っている人は知っているかもしれませんが、以前からスバルは値引きに関しては厳しいと言われています。

フォレスター以外でも某スポーツカーの映画に登場した車としてインプレッサやレガシー、XVなどたくさんの人気車種がありますし、車にたいしてコアなファンも多い印象ですので、その分営業マンもコアな方が多く、値引きに対して厳しいと思われている方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、実はそうではありません。

スバルが値引きに厳しい本当の理由としては「ディーラーの数の少なさ」が原因になっています。
スバルのディーラーは、資本金ごとに会社を分けるとすると、3種類のタイプがあります。

1.直営ディーラー・・・日本国内では東京、神奈川、千葉、北海道にしかありません。
2.スバルグループディーラー・・・全国を6分割してグループ展開しています。
基本的に皆さんが街なかなどで見かける店舗はこのタイプの事が多いでしょう
3.独立系ディーラー・・・関東地方、中部地方、近畿地方、北海道の4つのエリアで独立展開している販売店になります。

3タイプのディーラーがあつまっているのは関東の一部地域だけになりますので、地方であったり他の地域では、関西でも2タイプ、それ以外の地域ですと1タイプの販売店しかないことになってしまします。

同じスバルの販売店であっても、資本関係が別になっていうと言うことは別の会社ということになってしまいますので、他の会社に負けないためにも出来るだけ値引きなどをおこない売上を上げようとしますが、エリアによっては競合相手がいない状態になりますので価格を下げずに販売してしますことになってしまいます。

販売経路の多いトヨタであったり、販売経路を競合した日産自動車とHONDA自動車よりも明らかに販売経路のすくないスバルは「ここだけでしか購入することができない」といった限定的な状態の為スバルはなかなか値引きを行ってくれません。

【スバル・新型フォレスター】値引きを成功させるために

購入する側としては、少しでも安く車を購入したいので値引き交渉を行いますが、ディーラーの営業マンの方も忙しいので一人ひとりに対して満足の行く交渉時間がさけるかと言われると難しいところになるとおもいます。

なので、最低限ゆっくり話す時間を確保するためにも

「平日や週末の夕方以降の時間帯」

に販売店に足を運ぶことで交渉の時間をゆっくり取ることができますので値引き交渉もしやすくなります。

また、購入しようとしている車が決まっていて、1回目に販売店に足を運んだだけで契約まで話を進めてしまうと仮に値引きを行ってくれたとしても、営業マンサイドの心理としては、「この人は絶対購入してくれる!!」と思われてしまい、値引き額も少なくなってしまいます。

ですので複数回に分けて販売店に足を運んでみることをオススメします。
その際に1回目に来店したとしても車の状態を確認しにきたぐらいの気持ちでそこまで興味があるわけではないと匂わせておけば十分です。

他にも、可能であれば隣の都道府県であったり他の地域の店舗と比較してみることで値引きをしてもらいやすくなります。
この方法は地域的にも限られてしまいますが、基本的には販売経路が少ないスバルですから
別資本の販売店と比較することで交渉の際の値引き材料になってきます。

【スバル・新型フォレスター】値引きや値引き限度額・値引き目標についてのまとめ

販売経路の少ないスバルですから、その分値引きも厳しくなってしまう様な状況かもしれませんが、
フォレスターでも値引き限度額としては「20万円前後」まで可能なときもありますので、もし現在購入検討中の方であれば値引き目標額を「16万円」ぐらいに設定して交渉してみるといいかもしれません。

また、来店する時間帯であったり、他の地域の販売店と比べてみることで値引き額が増えるかもしれませんので、ぜひ挑戦してみてください。

現在乗っている車の下取りに関しては、ディーラーよりも以下の一括査定サイトを利用するとディーラーよりも高額で買い取ってもらえます。